吹奏楽の特徴と違い

吹奏楽の特徴と違い

吹奏楽は木管楽器と金管楽器、パーカッション(打楽器)で構成されています。
木管楽器は主にクラリネット、フルートやサックス、バスクラやバリトンサックスなどで金管楽器はトランペットやトロンボーン、ホルンやユーフォニウム、チューバなどです。
吹奏楽の特徴としてバイオリンなどの弦楽器と違い、音量も大きい為、人数が少なくても出来ますので学校の部活動で行われる事が多いです。
又、マーチングなど行進しながら行えたり屋外でも出来る為、お祭りや野球の試合の応援などで演奏されています。

 

ブラスバンド(金管バンド)と違い、木管楽器が入る事でジャズやクラシック、POPや民謡、演歌など色々なジャンルの音楽を楽しむ事ができるのも特徴の1つです。
吹奏楽とオーケストラの違いは弦楽器があるかないかですが、オーケストラは弦楽器が心臓部となり木管楽器や金管楽器とパーカッションが加わってオーケストラになり、吹奏楽は管楽器が心臓部となりパーカッションが加わって出来ています。

 

私は吹奏楽で長い間サックスをやっていましたが、1人ではなく、皆揃わなければ綺麗な音色にはならない、指揮者も含めて皆1つにならなければ相手に伝わらない事を学びました。